訪問歯科の支払い

訪問歯科の支払い 通常歯科医院で治療を受けると、保険の場合は帰りに窓口で支払いを行いますが訪問歯科の場合は自宅や施設に歯科医が来て治療を行うため、治療後すぐに診療報酬を計算することは出来ないので後日歯科医院から請求書が送られてくることが多く有ります。
家族が請求書を持って歯科医院で支払ったり、振込口座が指定されていれば振込で行うことが一般的ですのでその場で治療費を請求されることは殆ど有りません。
歯科治療は医院で行っても訪問歯科で行っても1回で終わることは少なく何回かに分けて行いますが、訪問歯科の場合は患者さんの負担を軽くするため、診療する回数も増えることも有ります。
このようなことから、月末までの診療報酬を歯科医院でまとめて請求書を作成し、患者さんのご自宅や施設に送付して支払うことが一般的です。
薬が必要な場合の処方箋はその場で医師が記載しますので、近くの処方箋薬局で受取ることが出来ます。
高齢化に伴い訪問歯科を行う歯科医院も増えていますので、支払いについて不安があれば直接聞いて見ることも良い方法です。

歯医者に行けない人でも便利な訪問歯科サポートサービス

歯医者に行けない人でも便利な訪問歯科サポートサービス 寝たきりや足腰が悪くて外出が難しい高齢者にとっては、歯医者に行きたくても行けずに困っている場合もあります。虫歯などの歯のトラブルは早めに解決すればいいものの、放置しておくことによって状態が悪化し、自分の歯を失ってしまうことにもなりかねません。しかし、訪問歯科サポートサービスを利用してみると、自宅まで歯科医が来てくれるのでわざわざ行く必要もありません。
訪問歯科では、虫歯や口腔トラブルが発生する前の予防歯科の治療も行うことが可能ですが、歯を削ったりレントゲンを撮影して見えない歯茎の奥の歯の状態までチェックしてもらうことが可能です。つまり、歯医者に行った時と同じような治療を自宅で受けることができます。歯のトラブルが解消すれば、食生活が楽しめるだけでなく体全体の健康にも違いが出てきます。失った大人の歯は再び生えてくることもないので、高齢になるまで一本でも自分の歯を残すためにも、気軽に利用してみると役立ちます。