家族の付き添いは必要?

家族の付き添いは必要? 病気や高齢になったことで寝たきりや認知症の状態になった時には、歯科へ行くことも連れていくこともできなくなる場合があります。そのような時には健康な状態の人より口腔ケアが十分でなくなり、歯科治療などが必要となってしまい訪問歯科治療を受けるようになるのです。
自宅やケアハウス・老人ホームや病院・介護老人施設などの福祉施設で訪問歯科治療には付き添いとして家族や介護者の存在が必要になります。その時には歯や口で困っていることを患者となる人や家族などの介護者から聞く必要があり、そして経過や今後の希望なども聞くことになるからです。患者のコミュニケーション能力によっては治療過程の説明や今後の展開はどのようになるのかを説明を患者以外の人にしなければならない場合もあります。患者となる人はなるべく明るい部屋に居るようにして、訪問歯科治療が行われる前には洗面器・タオル・ティシュペーパー・コンセントなどの用意が必要です。

訪問歯科を利用するときに用意しておきたいこと

訪問歯科を利用するときに用意しておきたいこと 訪問歯科を利用するとき、どんな用意が必要になるのか不安に思ってしまうでしょう。
基本的には、特に用意しておくものはないので安心して利用してみてください。治療に必要な器具は歯医者が持ち込んできますし、ベッドに寝たままでも診察を利用することができるので、家族は特別な椅子なども購入する必要はありません。そのままの状態で利用することができます。ただ、治療を受けるためには保険証が必要になるので、この点に注意しておきましょう。保険証を提示すれば、3割負担で診察を受けることができます。掛かる費用を安く抑えるためにも必要です。訪問歯科では、保険証が必須ですが、自宅に上がることになるので室内を軽く片付けておくとよいです。室内の状態が汚れていると、医師や衛生士が入ることができません。また治療を行う際にも邪魔になってしまい、スムーズな診察ができなくなってしまいます。室内に上がってもらえるように軽く掃除を行っておくとよいです。